ロフトベッドで空間を有効活用

初めて一人暮らしを始めると、部屋のインテリアにこだわりたくなるものです。
それまでは実家の家族の都合もあり自分の部屋であっても完全に思い通りのインテリアで固めるのは難しい場合が多く、一人暮らしの部屋はいわば初めての自分の城です。部屋中を自分の理想通りにコーディネートしてみたくなるのも道理でしょう。

一人暮らしの部屋のインテリアで、まず最初に行き当たるのがベッドにするか布団にするかという点でしょう。たかが寝る時の道具と思う方もいるかもしれませんが、これはとても重大な問題です。どちらを選ぶかで部屋のインテリアは大きく変わってきます。
もしも実家でずっと布団の生活を送っていた方ですと、一人暮らしをきっかけにベッドの導入に憧れている方もいるかもしれません。世の中は就寝時はベッドという風潮が強く、特に若い方の場合はベッドで寝るのが当たり前のように感じていることもあるでしょう。
ベッドを使うことで常に布団を出しっぱなしに出来るというメリットがあります。忙しい学生や社会人にとって、家事の負担を減らせる為とても魅力的です。
ただしベッド選びにはいくつか注意点があります。
まず、一人暮らしを始める部屋は充分な広さのある部屋でしょうか?ゆったりしたベッドを置いても充分な空間が残る広さであれば、ベッド選びにあまり気を遣う必要はありません。しかし少々手狭に感じる部屋の場合、ベッドも部屋に合わせた使い勝手の良い物を選ぶ必要があります。

一人暮らしの場合はシングルベッドを置く場合がほとんどだと思います。シングルベッドのサイズは一般的にだいたい幅100cm×長さ200cmとなっています。
ところが部屋の間取りによっては、このサイズのベッドを置くとベランダへの動線が遮られてしまう場合があります。
しかしこれより小さいベッドでは落ち着いて眠れません。一日の疲れを癒す睡眠時間は、できるだけリラックスできる環境で過ごしたいですよね。
そこでお勧めなのがロフトベッドです。
ロフトベッドは実際に寝具を置いて横になる寝台部分が高い位置にあり、その下の空間が有効活用できるようになっています。この部分に本棚を置いたりソファを置いたり、学生であれば机を置くことも可能です。
元々1フロアしかない空間を部分的に2層に分けて使うことが出来るため、広さが不充分な部屋でも上部の空間を無駄なく使うことができます。
ロフトベッドには梯子や階段が付いている為、もちろん上り下りも簡単です。
最近は家具専門店でもいくつもロフトベッドが展示されているので、これから一人暮らしの部屋作りを始める方は、まずは店頭で寝台部分の高さを確認してみてはいかがでしょうか。